最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。
イベントによってはETCカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。
そのため、ETCカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。
審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。
例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。
信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてETCカードを挙げる人も多いです。
大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。
その理由としては、早いうちからクレカ決済をクレジットヒストリーが出来上がるからです。
クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。
逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。
クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

よくTVなどで見るETCカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?
多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。
実際に多くの人が持っていて利用しています。
クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。
実際に調べてみました。
審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。
勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?
多くの方はETCカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。
現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。
ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。
申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。
申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。
結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?
ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。
実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。
なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。
参考:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なETCカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。
まだカードを作っていない人にとって不安に感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。
基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。
クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。
審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。
住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

買い物をするときに便利なETCカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。
結論から言うと審査なしでカードは発行されません。
基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。
なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。
なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。
若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。
1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などETCカードが必要な場合が増えてきました。
普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。
初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。
審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。
収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

ETCカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。
それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。
そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。
住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断されることもあります。
問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。
見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるETCカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。
審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。
学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。
そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。
最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。
払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。
審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。
ETCカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。
審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。
ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。
そこで以前のETCカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

ETCカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。
特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。
プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。
一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。
審査では年収とクレヒスが重要視されています。
できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ETCカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。
都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。
結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。
では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。
それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。
カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

ネットショッピングをするのにETCカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。
落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。
例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。
こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。
最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。
特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

ローンやETCカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?
収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。
場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。
では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。
年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。
職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。
信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。
どういった場合かというとローンを組むことやETCカードを作ることが多いようです。
そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。
そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。
なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。
ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。
例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

関連記事

    None Found