2chで第一に直訳はやめることにして、欧米人に固有な表現をそのまま真似する。
日本人の着想でいい加減な英文を作らない。
おなじみの表現であればある程、日本語の単語を単純に置換しても普通の英語にならない。
山内勇樹のおうちホームステイでも、『なんでも英語で話せる』とは、なにか考えた事がすぐに英語音声に切り替えられる事を表し、話した内容により、何でも制限なく言いたい事を言えるということを表します。
ただ聞き流すというただ英語シャワーをかけられるだけではリスニングの才覚は好転せず、リスニングの力を引き上げるには結局、十二分に繰り返して音読し発音することが肝心なのです。
英会話では、とにかくグラマーやワードを学ぶことも重要だが、差し当たり英語で会話するための目的を正しく設定し、意識しないで張りめぐらせている精神的な壁を崩すことが大切なのです。

⇊ご覧下さい。⇊
山内勇樹 2ch

関連記事